「純金箔押し手描き蒔絵羽子板」です。
胡粉で丸一日かけて平な下地を作ります。さらにその上から胡粉で模様を盛り上げて作ります。(置き上げという技法です。)こちらの羽子板の上下の部分の亀甲柄等の模様は置き上げ技法で下地を作っております。そして下地が完成すると、今度は純金箔を押していきます。この箔押しの作業にも丸一日時間をかけます。箔押し作業が終了した後、絵柄を手描きで入れていきます。
1日7〜8時間の作業を2〜3日続けます。こうして出来上がった、大切な羽子板です。
ケースは全面の支柱を除き、斜めや、横から見ても羽子板がきれいに見えるようになっております。

こちらの商品の特典(サービス品)
・お子様のお名前を書き入れた立札

・国内送料無料です(ガラスケースの海外への発送はできません)
純金箔手描き蒔絵 8号 F8-11
\150,000(税込)
幅22×奥18×高35(cm)


羽子板 一覧ページ