春日部の伝統工芸士「匠 一好」の羽子板飾りです。
桜や牡丹柄の金彩刺繍生地と、金糸で華やかに表現された桜の刺繍生地を押絵に使用しました。
迫力のある大きな桜・牡丹の刺繍と華やかな金糸の相性が良く、全体は落ちついた色目ながらもパッと目を引く素敵なお飾りです。
桜は葉がない頃(何もない状態)に花を咲かせることから、生命力の象徴といわれております。また、成功の象徴ともいわれます。
牡丹は、色・香・趣全ての美を備えた花として百花の王といわれ、富貴の象徴とされております。

羽子板の裏面には、手描きで梅の花を入れております。
梅の花には、まだ寒い時期に花を咲かせることから、逆境に強い子になりますようにという願いが
込められており、また、生命力の象徴ともされています。
お屏風は、和紙に金彩で桜柄を入れ、その後桜色でぼかし染めをして仕上げたものを合わせました。温かみのある素材感がさりげなく羽子板を引き立てます。

ガラスケースに入れずに飾るお屏風飾りは、場所を選ばす気軽に出ししまいできる上、収納時はコンパクトになるので、扱いやすいです。

押絵生地の柄の出方はひとつずつ異なります。
詳細画像が必要な方は、お気軽にお申し付け下さい。別途画像を送らせて頂きます。

サービス品の「飾りまり・飾り羽根」の色柄はひとつずつ異なる1点物です。
画像とは別の「飾りまり・飾り羽根」をお付けする場合がございます。ご了承頂けましたら幸いです。
色のご希望がある方は、お申し付け下さい。できる限りご対応させて頂きます。

こちらの商品の特典(サービス品)
・お子様のお名前と御生年月日入り立札
・飾りまり
・飾り羽根
・もうせん


・国内送料無料です(ガラスケースの海外への発送はできません)
ほのか 10号 F10-11
¥42,000(税込)
幅36×奥20×高39(cm)


羽子板 一覧ページ