雛人形[ひな人形] 販売/人形の東昭齊秀月モリヤ 埼玉県川越市
       
       
       
       
       
桜柄のくり抜き細工と金彩蒔絵を施した大きな屏風の桐製台・屏風です。
台の後ろに落として飾っていただきます。台は一部分解ですが、お人形をしまえる収納型となっております。

お人形は、京びな作家の「京洛紫雲」によるもので、
親王様は、左京造りという生地を沢山使った豪華な作りを特徴としております。
(お殿様お姫様共に、足元に沢山生地を使用しております。)
三人官女も、上着を一枚脱がせて、袂(たもと)にボリュームをもたせております。

また、お人形5体全ての衣装に豪華な刺繍を施しております。
特に親王様には「金駒刺繍」という刺繍の外側を金糸で縁取った手の込んだ刺繍で、
桜や鴛鴦(おしどり)が描かれ、さらには「手描き金彩」も入り、とても華やかです。
(お殿様の後ろの石帯には「本革」が使用されております。)
(お姫様につきましては、肩にかかる肩帯、腰から垂れる「さがり」、後ろ裾から伸びる引き腰、裳袴、全てに刺繍が施されているのも特徴です。)
三人官女の衣装にも刺繍のほかに金彩が入っております。
お道具は総木製で、お雪洞はコードレスで灯りが点きます。
桜橘の枝の中にはワイヤーが入っており、お好みの方向に向きを変えて頂く事ができるようになっております。
桜の色が本物のようでとてもきれいです。

東昭齊秀月モリヤ人形店のオリジナル商品です。

※実際の台幅は約75cmです。屏風の開いた状態の最長箇所計測が幅90cmとなっております。

※金彩刺繍は、金彩職人と刺繍職人により作られる大変手の込んだ豪華な生地です。
金彩とは、布に金を転写し、この周囲をやや硬質の樹脂で縁取って、その縁取りにも金を転写して図柄を表現したものです。
刺繍の豪華な装飾は、様々な色に染められた糸を使用し、ひと針ひと針想いをを込めて縫われております。材料が糸であるという性質上、混色がおこなえない為、使用する色の糸を使用します。日本では古来より「縫い目に呪力が宿る」とされ、子供の装飾などには刺繍を施し「背守り」と言われました。

※お人形の持ち物(小道具)は全て付きます。

こちらの商品の特典(サービス品)
・サービス品@赤色の毛氈(もうせん)
・サービス品Aお手入れセット
・サービス品Bお節句説明書
・サービス品Cお子様のお名前入りオルゴール立札
・サービス品Dお被布(お子様に着せて頂くと可愛いです)

・国内送料無料です(海外への送料につきましては有料になります)
鴛鴦刺繍雛三段5人飾り HD-017
\275,000(税込)
間口90×奥行77×高さ80(cm)
※雛人形とその他の細部を御覧になりたい方は別途メールで画像をお送り致します。


雛人形[ひな人形] /段飾り一覧ページ