雛人形[ひな人形] 販売/人形の東昭齊秀月モリヤ 埼玉県川越市
正絹本金雛 三段5人飾り
       
       
       
台屏風は伝統工芸「会津曙塗り」でございます。

朱色に黒を塗り重ねてその上から朱色を研ぎ出しその上に光沢のある塗料を塗り重ねております。
手作業ですので大変手間と技術を必要とする価値ある逸品でございます。
また「曙」とは縁起物で夜が明ける時の朝焼けをイメージしたもので、赤は太陽・情熱・活力・華やかさを表しております。さらにこの屏風は、手貼本金箔屏風になっております。
熟練した職人が約15cm角の金箔を一枚一枚手作業で丁寧に箔押しすると色々なちじみ模様が出来、艶を少し押さえた独特の質感と気品ある高級感漂う逸品に仕上がっております。

お殿様とお姫様、官女全てのお人形が金糸に本金を使用した西陣織正絹本金衣装でございます。
正絹本金衣装は通常の金襴より輝きが違ってとても綺麗でございます。
やや小さめの三段飾りですが、大変豪華な5人飾りとなっております。

お道具は、台・屏風に合わせ高級感ある本金蒔絵を施した溜塗りの六品道具となっております。

雪洞はコードレス(電池式)で灯りが点きます。

質感の良い、正絹素材の紅白梅を合わせました。


※「金襴」とは糸に金箔を巻きつけた金糸や、細く切った金箔を織り込み、紋様を顕わした布地のことを言います。
織物の中でも特に豪華で黄金色に輝く豪奢な文様は数ある布地の中でも最高の位に入る織物です。
京都西陣で織られるようになったのは、江戸時代、文禄元年(1592年)からであり、
多くの職人によって改良が続けられ現在の「西陣織金襴」に至っております。

※絹(きぬ)は、蚕の繭からとった動物繊維で、独特の光沢を持ち、古来より珍重されております。
経糸(たていと)も緯糸(よこいと)も、ともに絹糸を使用している織物を正絹といいます。


こちらの商品の特典(サービス品)
・サービス品@赤色の毛氈(もうせん)
・サービス品Aお手入れセット
・サービス品Bお節句説明書
・サービス品Cお子様のお名前入り立札
・サービス品Dお被布(お子様に着せて頂くと可愛いです)

・国内送料無料です(海外への送料につきましては有料になります)
正絹本金雛 三段5人飾り HD-003
¥247,500(税込)
間口80×奥行72×高さ85(cm)
※雛人形とその他の細部を御覧になりたい方は別途メールで画像をお送り致します。


雛人形[ひな人形] /段飾り一覧ページ