木目込み兜「奏」シリーズ・「鳩音」(きゅうと)

桐のおがくずを固めた桐塑(とうそ)や木で造形した兜に溝を彫り(筋彫り)をし、生地の端を入れ込み(木目込み)作られる木目込兜は、熟練した技術と大変な手間がかけられております。
日本で唯一、甲州印伝の伝統工芸士の資格を持つ工房「印伝の山本」が手掛けた発色の綺麗な「甲州印伝革」を使用した眉差・吹き返しや本金箔を押して仕上げた上品な輝きを放つ鍬形、縁起の良い植物「沢瀉」(おもだか)を表現し三角模様に配色された正絹生地が特徴的で、絹ならではの気品の良さや印伝革の特徴ある色合いと質感をお楽しみ頂けます。
コンパクトサイズの木目込兜ですが、素材にこだわり手間を掛け作られており高級感漂います。

木目の綺麗で反り難く頑丈な天然のタモ材を突板加した台・屏風。
ナチュラル色のタモ材を使用し縦に金ラインを入れデザインされた台・屏風には、末代まで子孫繁栄・家系が末長く続きますようにと願いが込められた縁起の良い「松葉」を金彩蒔絵で描きました。
水色の「甲州印伝革」と正絹生地の配色で高級感漂う木目込み兜に上品な「松葉」を描いた屏風を合わせた当店オリジナルセットでございます。

※「甲州印伝革」とは、鹿のなめし革を黒・紺・茶・エンジ等様々な色合いに染色し、裁断したあと様々な文様を模った型紙(和紙)を置き、上から漆で模様付けして作られます。数日間陰室で乾燥させ完成した印伝革は、強く・柔らかく・軽い特徴を持つ鹿革と時とともに色が冴える漆との調和で独特の風合いを出す甲州地方を代表する伝統工芸品でございます。

「松葉」は、とこしえに青くして不老・静かなるゆえ年を延ぶ・他木の如く松柏のしぼばぬを知る「常磐の松・松の齢」とされ、常緑をして長寿延命を意味する吉祥文様です。松=末と掛け末代まで子孫繁栄・家系が絶えないという意味を持ち、昔から城内に植えられるなどして大変縁起の良い植物として重宝されてきました。

※「沢瀉」とは、甲冑の威しの一種で、沢潟の葉の形に似せて上を狭く、裾開きに周囲の色と変えて威すことを言います。沢潟の葉の形が「矢じり」(矢の先端の尖った部分)に似ており、また「楯」のように見える事から「攻めて良し、守って良し」の意味も込めて別名「勝ち草」と称され、この文様を武士が愛用し縁起を担いだものと言われております。平安時代から文様化され鎌倉時代には武家が好む文様として鎧などの防具に用いられました。



こちらの商品の特典(サービス品)
・サービス品@緑色の毛氈(もうせん)
・サービス品Aお手入れセット
・サービス品Bお節句説明書
・サービス品Cお子様のお名前入り立札
・サービス品D陣羽織(お子様に着せて頂くと可愛いです)

・国内送料無料です(海外への送料につきましては有料になります)

「鳩音」本印伝木目込兜飾り  KH-152
¥87,500(税込
間口30×奥行24×高さ24(cm)
※五月人形とその他の細部を御覧になりたい方は別途メールで画像をお送り致します。


五月人形/兜飾り 一覧ページ