甲冑師「雄山」作、7号天賦之兜「華」でございます。

煙りで燻すことでなめし・色付けした鹿革に様々な絵柄を型取り漆を刷り込んで造る高価な「甲州印伝革」を贅沢に使用した眉差・吹き返しと華々をイメージし淡いピンク色の正絹糸で仕上げた優しい色合いの威しが特徴的な色彩豊かな綺麗な兜です。
「甲州印伝革」にあしらわれた「菱」文様は、菱形の連続文様で古くから厄除け・不老長寿という意味が込められているとされ大変縁起の良い文様として重宝されてきました。
またプレスして型抜きする抜き鉢ではなく、数十枚もの金属板を加工して一つ一つ手作業で鋲打ち止めて鉢を形成していく矧ぎ合せ鉢や綺麗に磨き本金(24K)鍍金された真鍮製の鍬形、本金鍍金(24k)鍍金された正倉院文様を模った豪華な装飾金物を使用しており重厚感漂います。
7号と小さいサイズの兜ですが、四代目「雄山」が華々をイメージし色彩やデザインにこだわり仕上げた格調の高さを醸し出す逸品で、別注仕様に作らせたオリジナル兜です。

森林伐採の環境保全を目的にSGEC森林認証を受け、東京オリンピックの認定材として国立競技場の設営にも使用され安定した強度と美しい木目が特徴の鹿沼産桧材で作られた台・屏風です。長い歴史を持ち鹿沼を代表する伝統工芸品「鹿沼組子」をはめ込み仕上げました。
無垢の桧材を使用し天然木の温もりを感じられる台と屏風に、若草色の「甲州印伝革」を使用した彩の美しい兜を合わせたオリジナルセットでございます。

※「甲州印伝革」とは、鹿のなめし革を黒・紺・茶・エンジ等様々な色合いに染色し、裁断したあと様々な文様を模った型紙(和紙)を置き、上から漆で模様付けして作られます。数日間陰室で乾燥させ完成した印伝革は、強く・柔らかく・軽い特徴を持つ鹿革と時とともに色が冴える漆との調和で独特の風合いを出す甲州地方を代表する伝統工芸品でございます。

※「鹿沼組子」は組子細工とも呼ばれ、小さく切り出した木片を、釘を使わずに組み合わせて美しい幾何学模様を描く工芸品です。木片の切り出しから行い、各パーツには組み合わせる際にパーツ同士を噛み合わせるための溝を彫ります。切り出したパーツをカンナやノコギリ、ノミなどを使って調整し、一切釘などの金属を使わずに丁寧にひとつひとつ手作業で組み合わせて作られます。木を組み込んでいく工程は紙1枚の厚さでもずれてしまうと組み付けが出来なくなるほどの細かい作業で、熟練した職人の技術と木を知り尽くす知識が無いと作ることができない貴重な伝統技術です。



こちらの商品の特典(サービス品)
・サービス品@緑色の毛氈(もうせん)
・サービス品Aお手入れセット
・サービス品Bお節句説明書
・サービス品Cお子様のお名前入り立札
・サービス品D陣羽織(お子様に着せて頂くと可愛いです)

・国内送料無料です(海外への送料につきましては有料になります)

天賦之兜「華」兜飾り  KH-149
¥89,800(税込
間口32×奥行28×高さ31.5(cm)
※五月人形とその他の細部を御覧になりたい方は別途メールで画像をお送り致します。


五月人形/兜飾り 一覧ページ