高価な「龍村美術織物」を使用した吹き返しが特徴の甲冑師「一徳」作、9号正絹赤糸威純金箔押之兜飾りでございます

兜吹き返し部分に、希少価値が高く上品な絵柄が特徴的な高級織物「龍村美術織物」を贅沢に使用した当店オリジナルです。
兜鉢はプレスして型抜きした抜き鉢ではなく、数十枚もの金属板を加工し手作業で一つ一つ鋲打ち留め鉢を形成する矧ぎ合せ鉢を使用し、鉢裏には本革を当て仕上げる本革仕立てになっております。
威しに使用した小札(糸を通す板)の両面(表・裏)は、職人が金沢の純金箔を手作業で1枚1枚丹念に押しながら貼る純金箔押し仕上げで、細部にわたり手間を惜しまず丁寧に造られた豪華な兜です。また、鍬形をはじめ全ての装飾金具には本物の金=純金を溶かし塗り仕上げる純金鍍金を施しており、その輝きは別格で高級感漂う逸品です。
丹念に黒茶色に塗り仕上げ角取りしたお洒落な飾台に、古くから子孫繁栄の象徴とされ縁起の良い「瓢箪」文様を模った「京唐紙」をデザイン貼りした上品な屏風を合わせました。
高級感漂う純金箔押之兜に京都伝統の唐紙屏風を合わせた当店オリジナル兜セットでございます。

※「龍村美術織物」とは、往古の時より残された古代、中世の織物を復元させたものを言います。龍村美術織物は、染め織工芸に対する功績により芸術院恩賞を受け、大正末期初代龍村平蔵の創業から古代織物およびそれらを基盤とする美術創作の伝統を受け継ぎ、今なお世界的に認められる美術織物です。

※「瓢箪」は、種子が多い事から子孫繁栄の象徴とされております。この小柄瓢箪もつぼみと花、実と三世代が描かれています。また、実りの多い事から商売繁盛の象徴でもあります。

※「京唐紙」とは、中国の唐から奈良時代に伝わった美しい細工紙が始まりです。京からかみを簡単に言うと版画の一種の様なもので、手彫りされた朴の木を使い、その表面に雲母(キラ)と呼ばれる絵具を付け、一枚一枚職人の手の平で和紙に文様を写し出すという伝統的な手法で作られています。今もなお襖や壁紙など室内装飾の伝統工芸品として伝え続けられている京都の伝統産業品の一つです。



こちらの商品の特典(サービス品)
・サービス品@緑色の毛氈(もうせん)
・サービス品Aお手入れセット
・サービス品Bお節句説明書
・サービス品Cお子様のお名前入り立札
・サービス品D陣羽織(お子様に着せて頂くと可愛いです)

・国内送料無料です(海外への送料につきましては有料になります)

9号純金箔押龍村兜飾り KH-144
¥88,000(税込
間口36×奥行28×高さ35(cm)
※五月人形とその他の細部を御覧になりたい方は別途メールで画像をお送り致します。


五月人形/兜飾り 一覧ページ