青森県の伝統工芸・津軽「こぎん刺し」を兜の吹き返しに用いた甲冑師「一久」作、8号「翔」緋色段威兜でございます。

からし色の麻生地に生成色の木綿糸刺繍した「こぎん刺し」を使用した眉差・吹き返しと綺麗なグラデーション配色で編んだ金茶色の正絹威しが特徴的な兜で、青森県の伝統工芸として有名な刺繍細工・津軽「こぎん刺し」と甲冑をコラボレーションさせた当店オリジナルの兜でございます。
兜鉢はプレスして型抜きした抜き鉢ではなく、数十枚もの金属板を加工し手作業で一つ一つ鋲打ち留め鉢を形成する矧ぎ合せ鉢を使用し、本物の金=純金を溶かし塗り仕上げる純金鍍金された真鍮製の鍬形や装飾金物が特徴です。
落ち着きのある金茶色の正絹忍緒(飾り紐)を合わせ配色にもこだわり作られております。

天然木目がとても美しい国産良質木材「栓」を使用し、木材の良さ=木目の活かす為にあえて艶を消し仕上げた飾り台に、箱根伝統工芸「寄木細工」を使用した高級感漂う屏風を合わせました。

「寄木細工」をあしらった存在感のある屏風に、独特の幾何学的模様を手刺しした刺繍が特徴的な「こぎん刺し」を使用した兜が良く映える当店オリジナルセットでございます。

「こぎん刺し」とは、別名「津軽こぎん」と呼ばれ、藍染めした麻布に木綿糸を縦の織り目に対して奇数の目を数えて手刺しする刺繍生地。一般の刺子と違い布地の横糸に沿って経糸の本数を数えながら刺して作られています。麻の着物しか着ることが許されなかった江戸時代、津軽の厳しい冬を快適にしようと、保温と補強の為に生み出された知恵の産物。幾何学的なデザインに決まりはなく組み合わせ次第で無限に広がる独特の模様が可愛らしいと若い世代から今注目されています。

※「寄木細工」とは、日本の伝統文様(市松・亀甲・麻の葉など)を木で寄せて作る特殊な技法です。数年かけて乾燥させたタモ・サクラ・ミズキ等の雑木・倒木から良質な材木を選定し、色の異なる加工木片を寄せ合せて幾何学的な模様のある種板を作ります。その表面を薄く削った物を木製品に貼り、文様・絵柄の美しさを楽しむのが寄木細工です。その完成までには、熟練した技術に加え、大変多くの手間がかかる為、希少価値のある伝統的な工芸品です。



こちらの商品の特典(サービス品)
・サービス品@緑色の毛氈(もうせん)
・サービス品Aお手入れセット
・サービス品Bお節句説明書
・サービス品Cお子様のお名前入り立札
・サービス品D陣羽織(お子様に着せて頂くと可愛いです)

・国内送料無料です(海外への送料につきましては有料になります)

8号 「翔」 こぎん刺し兜飾り KH-140
¥92,000(税込
間口38×奥行28×高さ36(cm)
※五月人形とその他の細部を御覧になりたい方は別途メールで画像をお送り致します。


五月人形/兜飾り 一覧ページ