日本の伝統工芸のひとつ「甲州印伝革」を兜の吹き返しに用いた甲冑師「一徳」作、9号プラチナ箔押之兜でございます。

日本で唯一、甲州印伝の伝統工芸士の資格を持つ工房「印伝の山本」に当店がオリジナルで別注した色鮮やかな青色の「甲州印伝革」を使用した眉差・吹き返しが特徴的な美しい兜でございます。
印伝革にあしらわれた「青海波」柄は、絶える事無く繰り返される穏やかな波を表し、平和な暮らしがいつまでも続く様にとの願いが込められた吉祥文様とされております。
正絹糸を通す為の板=小札の両面は、職人が高価な純プラチナ箔を手作業で1枚1枚丹念に押しながら貼るプラチナ箔押仕上げで作られております。さらにその小札の裏側には金属を腐食させない白檀(本漆)塗りが施されており大変豪華な作りの兜です。
またプレスして型抜きした抜き鉢ではなく、数十枚もの金属板を加工し手作業で一つ一つ鋲打ち留め鉢を形成する矧ぎ合せ鉢を使用し、鉢裏には本革を当て仕上げる本革仕立ての兜鉢や、青色を基調とし、白・水色・青色3色の正絹糸を贅沢に使用した色鮮やかな段威・上品な地紋の正絹生地を紺色にぼかし染めした綺麗な袱紗(布)も特徴的です。
9号と小さいサイズではございますが、造りや色彩にこだわり丁寧に造り上げられた当店オリジナル仕様の兜です。

市松柄の黒色本畳みを付けた黒塗り台に、独特の生地柄が特徴的でブルーの色彩が美しい二曲屏風を合わせました。アルミ箔の上に上品な青色のオーガンジーを重ね貼りする事で光の反射率が変化し見る角度によって様々な色合いをお楽しみ頂ける高級な手作り「本仕立て屏風」です。
独特の色彩が美しい手作り「本仕立て屏風」に、色鮮やかな青色が特徴的な「甲州印伝革」を使用した上品なプラチナ箔押之兜が良く映えます。

「本仕立屏風」とは、金具を一切使わず木枠に和紙を何枚も重ねて造られる手造り屏風本来の造りを再現したもので、折り曲げる部分に金具を使わない為蒔絵の絵柄が切れず美しい仕上がりが特徴の高級屏風です。

「甲州印伝革」とは、鹿のなめし革を黒・紺・茶・エンジ等様々な色合いに染色し、裁断したあと型紙(和紙)を置き、上から漆で模様付けして作られます。数日間陰室で乾燥させ完成した印伝革は、強く・柔らかく・軽い鹿革と時とともに色が冴える漆との調和で独特の風合いを出す甲州地方を代表する伝統的工芸品でございます。



こちらの商品の特典(サービス品)
・サービス品@緑色の毛氈(もうせん)
・サービス品Aお手入れセット
・サービス品Bお節句説明書
・サービス品Cお子様のお名前入り立札
・サービス品D陣羽織(お子様に着せて頂くと可愛いです)

・国内送料無料です(海外への送料につきましては有料になります)

9号プラチナ箔本印伝兜飾り KH-132 
¥132,000(税込)
間口50×奥行40×高さ47(cm)
※五月人形とその他の細部を御覧になりたい方は別途メールで画像をお送り致します。


五月人形/兜飾り 一覧ページ