日本の伝統工芸のひとつ『甲州印伝革』を兜の吹き返しに用いた「辰広」作、純金箔押和紙小札・本印伝兜でございます。おおよそ10号位の大きさです。

本物の金を溶かして塗り仕上げる本金(24金)鍍金を施した鍬形をはじめ、大変縁起の良い「トンボ」柄の高価な「甲州印伝革」を使用した吹き返しや、小桜柄・白色の本革を贅沢に使用した総革造りの美しい威しなど、厳選した良質素材のみを使用して造られた大変豪華な兜になっております。
また兜鉢・小札の製造工程では、プレスして型抜きする抜き鉢ではなく、数十枚もの金属板を加工して一つ一つ手作業で鋲打ち止めて鉢を形成する矧ぎ合せ鉢や、和紙等を幾重にも重ねて糊付けしたものに漆塗り固めた小札の両面 (表・裏)に金沢の純金箔を手作業で1枚1枚丹念に押しながら貼る純金箔押本小札の技法が駆使し、江戸甲冑の伝統的な作りを再現しております。
通常の兜製造より多くの手間と熟練された手作り技術が必要とされる為、大量生産できない希少価値の高い兜です。 職人が素材にこだわり、江戸時代甲冑・伝統の技法を駆使し手間を惜しまず手作りされた兜は、日本古来の兜が持つ作りや美しさを再現した気品溢れる本物志向の逸品でございます。

台・屏風は、特殊な技法で時間をかけ何度も重ね塗りをする伝統工芸の会津塗りです。
金・銀彩蒔絵で吉祥文様「松」「竹」「菊」を丸紋の絵柄で上品に描いた会津塗りの台・屏風に「甲州印伝革」使用した本格派の兜が良く映えます

※「甲州印伝革」とは、鹿のなめし革を黒・紺・茶・エンジ等様々な色合いに染色し、裁断したあと型紙(和紙)を置き、上から漆で模様付けして作られます。数日間陰室で乾燥させ完成した印伝革は、強く・柔らかく・軽い鹿革と時とともに色が冴える漆との調和で独特の風合いを出す甲州地方を代表する伝統的工芸品でございます。

※「トンボ」は、害虫を食べ駆除する事から勝虫(かちむし)とも呼ばれ、昔から縁起の良い虫とされています。またトンボは前へ前へ飛び、後ろに下がらないことからも勇猛果敢で勝負強い虫=勝利を呼ぶ虫と言われ、兜の前立てや武具にトンボの絵柄が多く用いられました。

※「松」は、とこしえに青くして不老・静かなるゆえ年を延ぶ・他木の如く松柏のしぼばぬを知る「常磐の松・松の齢」とされ、常緑をして長寿延命を意味する吉祥文様です。松=末と掛け末代まで子孫繁栄・家系が絶えないという意味を持ち、昔から城内に植えられるなどして大変縁起の良い植物として重宝されてきます。

※「竹」は成長が早く、節目ごとに真っすぐ育つことから昔から縁起が良いとされ、お子様がすくすく真っ直ぐ育ちますようにという願いが込められた日本の伝統的吉祥文様です。

※「菊」は、菊の花の形から太陽に例えられ「日精」と言われていて悪霊を払う意味がありました。また菊を浸した「菊水」を飲むと長寿が保てるという故事から薬草としてとらえられ、不老長寿の象徴となりました。



こちらの商品の特典(サービス品)
・サービス品@緑色の毛氈(もうせん)
・サービス品Aお手入れセット
・サービス品Bお節句説明書
・サービス品Cお子様のお名前入り立札
・サービス品D陣羽織(お子様に着せて頂くと可愛いです)

・国内送料無料です(海外への送料につきましては有料になります)
1/4号甲州印伝小桜革兜飾り KH-112
¥198,000(税込)
間口60×奥行43×高さ62(cm)
※五月人形とその他の細部を御覧になりたい方は別途メールで画像をお送り致します。


五月人形/兜飾り 一覧ページ