良質な国産木材「栓」を使用し、美しい木目を活かしながら欅色に塗り仕上げられたケースです。
ケース背景には、静岡県の伝統工芸「駿河蒔絵」で山水の絵柄が雄大に描かれた高級感漂う豪華なケースに仕上げました。

美しい色合いが特徴的な「銀鶏」の天然羽根を使用した4本の矢羽根には、「青龍」・「白虎」・「玄武」・「朱雀」の四神を示し、東西南北の魔を除ける方位除けの意味があります。
古来から勝虫として縁起の良い「トンボ」絵柄を漆で模った「甲州印伝革」を使用した豪華な矢筒に加え、ケース同様「栓」木材で造られた欅色の木製飾り台や籐巻き弓が特徴的です。
小サイズの破魔弓飾りですが、日本伝統工芸の美と豪華さをご堪能頂ける逸品でございます。

※「駿河蒔絵」は、漆画面に金銀粉を蒔きつけ加飾する通常の蒔絵違い、荒い金銀粉の場合は漆で固め研磨して仕上げます。
静岡はこのけんらんな消粉蒔絵を得意とし、蒔絵の技法は他の産地の追随を許さないものがあります。
変り塗りの多様さと蒔絵意匠の斬新さとの結合が、静岡を特色ある漆器産地として名を高らしめることとなりました。
現在漆器や蒔絵は高級品化してしまった感がありますが、家具や調度品、装飾品、屏風、雛具や塗下駄などの中に、静岡ならではの味わい深い手作りの技が生きており、技ある人達の健在ぶりがうかがえます

※「甲州印伝革」とは、鹿のなめし革を黒・紺・茶・エンジ等様々な色合いに染色し、裁断したあと様々な文様を模った型紙(和紙)を置き、上から漆で模様付けして作られます。数日間陰室で乾燥させ完成した印伝革は、強く・柔らかく・軽い特徴を持つ鹿革と時とともに色が冴える漆との調和で独特の風合いを出す甲州地方を代表する伝統工芸品でございます。

※「トンボ」は、害虫を食べ駆除する事から勝虫(かちむし)とも呼ばれ、昔から縁起の良い虫とされています。またトンボは前へ前へ飛び、後ろに下がらないことからも勇猛果敢で勝負強い虫として勝利を呼ぶ虫と言われ、兜の前立てや武具に用いられました。


こちらの商品の特典(サービス品)
・お子様のお名前を書き入れた立札

・国内送料無料です。
(ガラスケースの海外への発送はできません)
山水14号 Y054
¥41,000(税込)
幅28×奥24×高41(cm)


破魔弓 一覧ページ