ピンク色の正絹鹿の子総しぼり衣装と、薄ピンクの西陣織金襴衣装を合わせた額入り羽子板飾りです。
壁掛けにもできて、画像のようにスタンドとして置けるようにもなっており、大変便利です。
ワイン色の木製ケースに、前面はガラスケースになっております。
中の羽子板は、最初から固定されており、取り外しができないタイプとなっております。。

※正絹鹿の子絞り(しょうけんかのこしぼり)とは、小さく、やや不正形の白い輪の文様が、鹿(しか)の子の背の模様に見える為そう呼ばれるようになりました。技法は、小さい輪形に染め抜く部分の中央を、指先または鉤針(かぎばり)を用いてつまみ、その部分を糸でくくって防染して染めるので、糸が巻いてある部分が白い輪になって残ります。絞りのなかでも素朴な技法で、もっとも古くから行われたものであります。非常に手間がかかり、着物業界でも高級な生地として有名です。

※金襴とは糸に金箔を巻きつけた金糸や、細く切った金箔を織り込み、紋様を顕わした布地のことを言います。織物の中でも特に豪華で黄金色に輝く豪奢な文様は数ある布地の中でも最高の位に入る織物です。京都西陣で織られるようになったのは、江戸時代、文禄元年(1592年)からであり、多くの職人によって改良が続けられ現在の「西陣織金襴」に至っております。

こちらの商品の特典(サービス品)
・お子様のお名前を書き入れた立札

・国内送料無料です(ガラスケースの海外への発送はできません)
額入り羽子板「のぞみ・ワイン」 F099
\20,800(税込)
幅23×奥8×高34(cm)


羽子板 一覧ページ