ケース木枠:埼玉県飯能産の良質の桧(西川材)を使用しております。扉を開けると桧の良い香りがします。
ケース前面ガラス:面取りガラスを使用しております。
ケースバック: 金紙の淵を表装裂で縁取ったものを使用しております。

羽子板:春日部の伝統工芸士「匠一好」が手掛けたものです。面相は日本画家を得意とする「鈴木創博」が描いております。

押絵生地:総刺繍金彩生地を使用しております。沢山の色の糸を使った「松・菊・桜」の刺繍がとても豪華です。刺繍と刺繍の間には金彩を入れ華やかさを演出しております。
※「松」には、常縁である所から、不変により不老長寿の意味があります。
「菊」には、不老不死、延命長寿、無病息災、邪気払いの意味があります。
「桜」には、往々にして葉が出そろう前に花が咲きそろうことから、「何もないところに花が咲く」という状 態に、強い生命力の意味があります。

装飾品:正絹鹿の子絞り玉、本つげの手彫りかんざし・櫛、スワロフスキーを使用しております。襟元や押絵の背景の桜の刺繍もポイントです。

豪華な総刺繍の羽子板が、優しい風合いの桧ケースによく映えます。

こちらの商品の特典(サービス品)
・お子様のお名前を書き入れた立札

・国内送料無料です(ガラスケースの海外への発送はできません)
松菊桜刺繍15号 F064
¥54,000(税込)
幅31×奥25×高62(cm)


羽子板 一覧ページ