ケース木枠:こげ茶塗り(艶なしです。)
ケース前面ガラス:面取りガラスを使用しております。
ケースバック:艶ありの塗り面に金彩で桜を描いております。ケースのバックに塗りを施しているものは珍しく、高級感があり華やかです。

羽子板:春日部の伝統工芸士「匠一好」が手掛けたものです。面相は日本画家を得意とする「鈴木創博」が描いております。

押絵生地:金彩生地を使用しております。吉野桜の柄です。

装飾品:正絹鹿の子絞り玉、本つげの手彫りかんざし・櫛、スワロフスキーを使用しております。襟元や押絵の背景の桜の刺繍もポイントです。

こちらの羽子板は毎年ご好評頂いており、定番商品となっております。
赤とピンクの配色は可愛らしい雰囲気で華やかです。艶ありのケースバックと金彩がよく合います。
※今期制作分は、帯揚げが黄色になります。必要でしたら別途画像をお送りさせて頂きます。

こちらの商品の特典(サービス品)
・お子様のお名前を書き入れた立札

・国内送料無料です(ガラスケースの海外への発送はできません)
華金彩10号 F061
\37,000(税込)
幅27×奥21×高44(cm)


羽子板 一覧ページ