ケース木枠その他木目部分:静岡県産天竜桧(扉を開けると檜の良い香りがします。)
ケース前面ガラス:面取りガラスを使用しております。
ケースバック:箱根の伝統工芸「寄木細工」を施しました。

羽子板:春日部の伝統工芸士「匠一好」が手掛けたものです。面相は日本画家を得意とする「鈴木創博」が描いております。

押絵生地:正絹輪奈唐帯地を使用しております。

装飾品:正絹鹿の子絞り玉、本つげの手彫りかんざし・櫛、スワロフスキーを使用しております。

総檜造りに寄木細工を施したこちらのケースは毎年ご好評頂いております。
正絹輪奈唐帯地の羽子板は実際に総理官邸で飾られています。

※輪奈唐帯地とは、草木染による五彩の糸で、人の世の五つの幸せ「五幸」(長寿、多財、無病、高徳、天命)を織り上げた帯地のことです。
細い金属棒を横糸に見立てて織り、織りあがった後で抜き取ると輪のような空間が生まれます。
唐織独特の装飾的な模様が特徴です。布地全体に立体感のあつ輝きを放ちます。

※寄木細工とは、日本の伝統文様を木で寄せて作る特殊な技法です。
数年乾燥させたタモ・サクラ・ミズキ等の雑木・倒木から良質な材木の選定をし、色の異なる様々な加工木片を寄せ合わせて幾何学的な模様のある種板を作ります。
その表面を薄く削った物を木製品に貼り、文様・絵柄を楽しむのが「寄木細工」です。
その完成までには、熟練した技術に加え、大変多く手間がかかる為、希少価値のある伝統的な工芸品です。

こちらの商品の特典(サービス品)
・お子様のお名前を書き入れた立札

・国内送料無料です(ガラスケースの海外への発送はできません)
正絹輪奈唐帯地15号 F010
\59,000(税込)
幅34×奥30×高60(cm)


羽子板 一覧ページ